【読書感想文】54字の物語参を読んでみた



 氏田雄介さんの、54字の物語参を読みました。

 この本は、54文字でつくる超短編小説集の3作目です。
 

 この本を選んだ理由は、星新一さんのショートショートが大好きだったので、読んでみました。

 あとは、帯に、爆笑問題の太田さんが推薦していたのも、選んだ理由でした。太田さんの作品もありました。


 この本の中で、一番気に入った話は、怖くてちょっと悲しい話でした。

 引用
 友達が僕の家で幽霊を見たと言うので家族と一緒に家のお祓いをした。お祓いが終わると家には僕一人しかいなかった。

 自分の家族に当てはめて考えると、切ない気持ちになりました。家族との楽しかった思い出も時間も実は・・・と考えると、甘くて切ない物語が出来上がり、長編小説にもなりますよね。

 一番気に入った話の他にも、色々な言葉遊びや、視点を変えて文章をつくったりしてあったり、漢字クイズがあったりと、楽しかったです。


 この本を読んで、視点を変えて考えてみる、ということにこれからチャレンジしていきたいです。


スポンサーリンク


PS
 テンプレートを使って、読書感想文を書いてみました約400文字(原稿用紙1枚)。夏休みですもんね、宿題は終わりましたか


 近所の本屋さんにも置いてますが、通販のリンクも置いておきます。
Amazon→みんなでつくる 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参
楽天→54字の物語 参 [ 氏田 雄介 ]


この記事が役に立った方は、
応援お願いします