ガッテン睡眠スタンフォード大学発の快眠術まとめ


 こんにちは、ぴんくぴっぐです。


 10/23のガッテンで、睡眠の満足度が低い方、必見スタンフォード大学発の快眠術を放送していたので、ぐっすり眠るために試して、まとめてみました


 スタンフォード式 最高の睡眠を書いている、西野精治先生レジェンドとして登場していました。


 結論は、最初の90分に深く眠れです。

目次、知りたい情報へジャンプ


1.【10/23ガッテン睡眠】スタンフォード大学発の快眠術
2. まとめ・眠気をつくる入浴方法

関連記事【10/23ガッテンめまい】長引く原因不明のめまいの新対策【まとめ】

関連記事【クーポンあります】朝起きれない時は「光目覚まし時計inti4」がおすすめな理由

スポンサーリンク

【10/23ガッテン睡眠】 スタンフォード大学発の快眠術【まとめ】




 西野精治先生曰く、できるだけ、睡眠時間を取ってほしいそうですが、現代は忙しいですもんね


 なので、最初の90分深く眠ることが大切のようです


 理由は、最初の90分深く眠ることにより、成長ホルモンの分泌が促されて、体調に良いそうです


 もちろん、大人も成長ホルモンが大切です。なんか、成長ホルモンって聞くと、子どもに大切な気がしますが、大人も大切のようです


 やることは、眠気(先生は睡眠圧という言葉を使ってました)に合わせて寝ること。

 眠気に合わせて寝ることにより、最初の90分の睡眠が深くなると考えられているそうです。 
 
 西野先生は、昼夜のメリハリをつけて、夜は寝る前にリラックスして眠気を待つ、ということを実践していました


 あとは、眠気をつくるために、寝る1時間30分前にお風呂に入ることをおススメしていました


 お風呂からでて、1時間30分後くらいに、体温が下がり眠気がおきやすくなるそうです。そうすると、ぐっすり眠れますもんね


 入浴は、40度のお湯に15分くらいが良いそうです。

まとめ・眠気をつくる入浴方法

スポンサーリンク




 ・最初の90分深く眠ると成長ホルモンがでる
 ・そのために、眠気がきたタイミングで寝ること


 眠気をつくるためには、部屋を薄暗くしてリラックスや、寝る1時間30分前にお風呂に入る


楽天→ スタンフォード式最高の睡眠 [ 西野精治 ]

Amazon→ スタンフォード式 最高の睡眠 [ 西野精治 ]


PS
 眠いのに徹夜するくらいなら、寝て起きてスッキリ頭の方が効率が良いなるほど


この記事が役に立った方は、
応援お願いします 


 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。お気に入り、読者登録もよろしくお願いします。ぴんくぴっぐでした。