【損切りとは】損しない人生にも損切りは大切だよ、という話

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 損切りって出来ますか 

 ちなみに、損切りとは、投資などで使われる言葉です。投資家が損失を出しているときに、株式などを売却して損失を確定させることを、損切りと言います。

 生活の中でも、大損しそうな時に損切りをすると、被害が小さくて済むようです損切りの考えを人生に持ってくると、小さな損で済みます。どうせケガするならば、キズは小さいほうが良いですもんね

 例えば、映画を見に行って、つまらなかった時、最後まで観ますか?途中で出ますか?どちらの決断をしますか

スポンサーリンク

〇時間とお金を損しない人生のための、損切りのやり方と考え方


時間とお金を損しない人生のための、損切りのやり方と考え方

 例えば、1800円払って映画館で2時間の映画を観に行きました

 映画が始まって思いました。つまらない30分見ましたが、やっぱり面白くない

 その時、最後まで見ますか?映画館を出ますか?どちらの決断をしますか

 1800円も払って映画館に行くと、つまらなくても、最後まで見る人が多いと思います。ぴんくぴっぐも、映画館を出れない派でした

 でも、考えてみてください。損しているのは1800円だけですか?

 2時間もつまらない映画を観ていたら、2時間も無駄になるのです。

 損切りの考え方は、つまらないと思った30分で出てくれば、1800円と30分の損で済みます。全部観た時と比べると、時間の損失は1時間30分の違いが出ます。

 この違いは大きいですよね

 お金は目に見えて減っていくので分かりやすいですが、時間は目に見えにくいので無駄遣いしても気がつきにくいです。厄介ですよね

 なので、考え方としては、お金と時間の両方で損得を考えると良いと思います。

・お金を損していないかな?
・時間は損していないかな?
 

 上の2つを意識して、生活してみましょう

 ぴんくぴっぐは、時間の大切さにちょっとだけ気がつき始めました一番の成果は、本を読んでいてつまらないと思ったら、最後まで読まずに閉じることが出来るようになりました


この記事が役に立った方は、
応援お願いします 


 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。お気に入り、読者登録もよろしくお願いします。ぴんくぴっぐでした。