やる気スイッチあとでやろうをなくす5秒の法則アレンジ効果

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 「朝起きる時に起きれなかったり」「やらなきゃいけないことを後回しにしたり」「やる気が出ない時」などありますよね

 そんな時は「5秒以内に行動しましょう

 メル・ロビンズ5秒ルールと言う本を基に、5秒の法則(5秒のルール)試してみました。少しアレンジしたのですが、効果は抜群でした

 ちなみに、5秒ルールの本楽天でもAmazonでもありますね。アレンジしたやり方は目次からGO

スポンサーリンク

〇メル・ロビンズの5秒ルール(5秒の法則)とは


メル・ロビンズの5秒ルール(5秒の法則)とは

5秒ルールとは

 「5.4.3.2.1」とカウントダウンして、5秒以内に行動するというルール

 研究によると、脳は5秒以上たつと、言い訳を勝手につくりだすようです。

 悩んでいると、やる気がドンドン無くなっていくのは、このせいだったんですね

 例えば、朝に二度寝をしてしまう時。目覚ましがなり、止めた後に5秒以上グダグダしていると「昨日も夜更かしだったし、もうちょっといいか」と言い訳が出てきます。

 なので、目覚ましがなったら、カウントダウンしましょう。

 「5.4.3.2.1.起きる」と飛び起きてしまいましょう

〇5秒ルールをアレンジしてやってみた「3.2.1.GO」


5秒ルールをアレンジしてやってみた「3.2.1.GO」

 アレンジは、「3.2.1.GO」で始めるというものです名付けてROCKET DIVEアレンジです話は脱線しますが、元気が出る曲ですよね



 ぴんくぴっぐは「ブログを書く時」や「朝起きる時」にやってみました。

 例えば、「ブログ書く時」。書く気が起きない時もありますよね~。そんな時に「3.2.1.GO」と掛け声出して「こんにちは、ぴんくぴっぐです。」と書いてしまいます。ちなみに、この記事は、この勢いでここまで来ました。

 例えば、「朝起きる時」。眠いけど目覚ましがなったら、「3.2.1.起きる」と言い、勢いよく起き上がります。(心臓に悪そうですね、気をつけてください)

 起き上がると、横になる気が吹き飛んで、何とか起きれてます

 ということで、5秒ルールを基にアレンジした「3.2.1.GO」で、やる気スイッチがONになりました。なので、ぴんくぴっぐは効果がありました

 カンタンに出来る方法なので、「やる気が起きない時」に一度試してみてください


この記事が役に立った方は、
応援お願いします 


 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。お気に入り、読者登録もよろしくお願いします。ぴんくぴっぐでした。