ハードディスクドライブ処分HDD内のデータを消す方法破壊はNG

無料もしくは安くHDD内のデータを復元されない方法を知りたい人向けです

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 パソコンを処分するときに、「HDD内のデータが悪用されないかな?」とか「業者に頼んだけどホントに消しているのかな?」と気になりますよね

 過去のニュースで、回収したHDDをオークションで売って問題になっていた人もいますもんね

 会社のパソコンは、お金をかけてでも消さないといけないけど、個人のパソコンでは、「あまりお金をかけたくない」ですよね

 そんな時に、無料で出来るHDD内のデータを復元されにくくする方法をまとめてみました

スポンサーリンク

〇ハードディスクドライブを破壊するをおススメしない理由


ハードディスクドライブを破壊をおススメしない理由

 HDDを、ハンマーなどで「ぶっ壊すのはNG」です。

 破壊してはいけない理由は、ケガする可能性があるからですネットで調べると「部品が飛び散り危なかった」という声があるので、おすすめしません

 しかも、画像を見ると鋭利な部品でした。「飛び散った、かけらが目に当たったら」とか「飛び散ったかけらが、絨毯の中に紛れたら」と考えるだけで、ゾッとしますね

 なので、自宅で破壊するのはリスキーかなと思います。では、自宅で安全に無料で出来る方法は…

〇【自分でできる】HDD内のデータを消す方法【無料と有料】


【自分でできる】HDD内のデータを消す方法【無料と有料】

 まずは前提として、個人で完璧にキレイに消すのは無理ですなので、ここでは、復元されにくくされる方法として紹介します

 やり方は、OSをクリーンインストールしなおして、書き込んで、クリーンインストールする、です

 この考え方は、復元されにくくするには、消すだけじゃなく、消した後に何かを書き込むことにより、復元率が下がるという考えのようです。

 なので逆にゴミ箱から捨てて、ごみ箱を空にしました」とか「OSをクリーンインストールしました」だけでは、復元率が高いといえます。

 体験として、ぴんくぴっぐは、間違って消したデータEaseUSと言うソフトで復元させました

 「大切な画像が復元出来て良かった」と嬉しかったですが、しかし、という事は…ですよね

 個人で完璧に消すのは難しいですが「書き込んで、消して」を繰り返せば復元されにくくなります

 あとは復元されにくくするために、HDDのデータ消去ソフト活用すれば、復元率は更に下がります。有料ですが、1600円くらいからありますねもっと高いとか思いました。

 ただし個人でやるデメリットは、時間がかかりますなので、信頼できる処分業者に頼むのも選択肢だと思います。

 ちなみに、ぴんくぴっぐが使ったパソコン処分サービスリネットジャパン 【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>だと、消去証明書付きで3000円ですね

 リネットジャパンの体験の記事はコチラ
>>【やってみた感想】パソコン無料処分のリネットジャパンはホントに無料?

>>【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>はコチラ 【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

〇まとめ・破壊せずに、書いたり消したりする

スポンサーリンク

 結論破壊するとケガする可能性があるので、「OSのクリーンインストールを何回か行う」や「消去ソフトを活用する」が安全で良いと思います

 どうしても心配なデータがある方は、有料ですが信頼できる業者に頼むのが安心だと思います上の方でも書きましたが、パソコン処分のリネット、ぴんくぴっぐも友達も使いましたが、今の所トラブルは無いので、悩んだら使ってみてください

 リネットジャパンの体験の記事はコチラ
>>【やってみた感想】パソコン無料処分のリネットジャパンはホントに無料?

>>【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>はコチラ 【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

〇おまけ・間違ってデータを消した人EaseUSは復元率が試せます


おまけ・間違ってデータを消した人EaseUSは復元率が試せます

 間違って消したデータが復元できるかどうかをEaseUSは試せます

 やり方は、無料体験でやってみて、必要なデータが復元できたら製品を買うということが出来ます
 というか、ぴんくぴっぐはその手順でした大切な画像が消えた」諦める前に、無料で試してみてください、もしかしたらその画像データ助かるかも

>>EaseUS無料体験版はコチラ

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。お気に入り、読者登録もよろしくお願いします。ぴんくぴっぐでした。