1対2対7嫌いな人に出合った時に、思い出すとイライラしない数字

人間関係でストレスを感じた時に、思い出してください

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 自分に合わないキライな人に会うと「イライラしたり」「ストレスに感じたり」「その人のせいで、世の中の全員が敵に見える」って思う事ありますよね

 仕事でも「この人、自分の事をキライだ」ってわかる人っていますよね疲れていて余裕がないと「自分以外は全員が敵」と勘違いをする事ってありますよね

 そうなんです、勘違いなんです。この勘違いをした時に、思い出すと、元気になる数字【1:2:7】(1対2対7)

 数字の意味は…

スポンサーリンク

〇カール・ロジャース「2:7:1の法則」


カール・ロジャース「2:7:1の法則」人間関係の法則

 元々は、アメリカ合衆国の臨床心理学者カール・ロジャースの「2:7:1の法則と言うものです

 例えば、自分の周りに10人の人がいます。
 2人は、あなたの味方です。
 7人は、どちらでもない人です。
 1人は、あなたをキライな人です。

 勇気づけられる法則ですよね冷静になって思い出してみると、2人くらいは、自分の味方で「気が合う人」が浮かんできますよね。意外と、味方の方が多い

 なので、イヤな人に出合っても、落ち着いて考えれば、その2倍は自分の味方がいますそのことを考えれば「まあ、この人と上手く付き合わなくても良い」と思えて、ストレスが減りますよね

 ちなみに、前提として「全員から好かれたい。全員と仲良くしないといけない」と思い違いをしている自分に、気が付かなければならないです。

 「みんなと仲良く」と子どもの時に教わったような気がしますが、その考えがストレスの原因のようです

 なので、仕事などで嫌いな人のせいでイライラしたら、1:2:7の法則で、2の仲間を思い出し、イライラを忘れましょう

〇まとめ・みんなと仲良くしなくて良い

スポンサーリンク

 「嫌いな人は深く付き合わず、仲間と仲良くできれば、自分はエライ」と考えましょう

 例えばぴんくぴっぐは、嫌いな人にこちらから話しかけることはしないし、向こうからの会話もすぐ終わるように会話してます

 あとは、イライラ解消に、自己コントロール能力を鍛えるのが良いと思います。

 呼吸瞑想自分を実況中継など、ぴんくぴっぐがやってみた記事を張っておきますね

【短気・イライラを治す】自己コントロール能力を鍛える練習方法
【子どもと出来る】やり方かんたん呼吸瞑想で自己コントロール能力を鍛えよう

 どちらも、気軽に無料で出来る方法ですので、だまされたと思って、一度試してみてください

PS
 他人は変えられなくても、自分は自分で変えられます。

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。お気に入り、読者登録もよろしくお願いします。ぴんくぴっぐでした。