「カーテンを開けて寝る」がおススメできない2つの理由

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 「健康」と「朝の目覚めの為」に、朝の光で起きるのが良いというのがありますよね。

 そのために、「カーテンを開けて寝る」という事が考えられますが、実はおススメできません

 なぜなら…

スポンサーリンク

〇理由1・太陽の上がる時間は季節で変わるから


理由1・太陽の上がる時間は季節で変わるから

 朝の光で目覚めると良いのですが、季節によって太陽の昇る時間が違うので、起きる時間が変わり身体によくないようです

 夏は、早すぎるし。冬は、遅すぎる。この時間の違いが、体内時計を狂わす原因になるようです

 朝の光を浴びることにより、「体内時計のリセット」や「セロトニンの活性化」と良い事もあるので、朝起きた後に、太陽の光を浴びること自体は、健康に良いそうです

 では、朝の光で起きる時に活用すると良いものは、「自動でカーテンを開けてくれるモノ」や「強い光で起こしてくれる目覚まし時計」などのようです。

 まとめた記事を貼っておきますね 
【寝ぼけ解消】朝にスッキリ起きる方法【ネタバレは太陽の光】

〇理由2・防犯上の問題があるから


理由2・防犯上の問題があるから

 カーテンを開けていると、多少なりとも中の様子が、外から分かり、防犯上良くないです

 最近は、凶悪な犯罪も多いから、カーテンを開けて眠るのはおススメできません

 過去記事の「自動で開け閉め出来る、めざましカーテン」の記事を貼っておきますね 
【寝ぼけ解消】朝にスッキリ起きる方法【ネタバレは太陽の光】

〇まとめ

スポンサーリンク

・太陽の上がる時間は季節で変わるから
・防犯上の問題があるから

 「カーテンを開けて寝る」がおススメできない理由でした

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「役に立った」と思ったら、拍手お願いします、喜びます🐷ついでに、お気に入り、読者登録も忘れずに。ぴんくぴっぐでした。