体験談イライラを治す方法ネタバレやり方は待つ

 こんにちは、元イライラ瞬間湯沸かし器のぴんくぴっぐです。

 イライラを治す方法を紹介してきましたが、また良い方法があったので、まとめましたちなみに、ぴんくぴっぐの体験談は、下の方に貼っておきますね

 せっかちな女性の体験談で、どんくさい部下にイライラしていた時に、イライラを治すために挑戦したこと、が普段から出来る簡単な方法だったので、記事に残してみました

 せっかちな女性がイライラを治したやり方は…

スポンサーリンク

〇エレベーターに乗った時に「閉」ボタンを押さずに待つ


エレベーターに乗った時に「閉」ボタンを押さずに待つ

 イライラを治したやり方は、エレベーターに乗った時に「閉」ボタンを押さずに待つ 

 ある会社に、せっかちな女性がいました。せっかちなので、どんくさい部下や同僚に対して、いつもイライラしていました。

 本人も、「せっかちでイライラしている」のは、分かっていました。それでも、イライラの治し方を知らないので、イライラしながら仕事をしていました。

 そんな時に上司になった人が、せっかちの女性にイライラの治し方をアドバイスしてくれました。

 「待つことを、やってみてください。

 せっかちな女性は、どんくさい部下や同量の、遅い仕事を待つようにしました。が、うまくいきませんでした。イライラしていたそうです。

 そこで、せっかちな女性は待つ練習を考えました

 「今度エレベーターに乗った時に、閉まるボタンを押さずに待ってみよう」

 いままでは、エレベーターに乗った時はいつも、「閉」ボタンを連打していました。それをヤメて、待ってみようと考えました。

 もちろん、最初は「閉」ボタンを押さずに待っている時も、「閉まるのが遅い」とイライラしていました。

 でも、それを繰り返していると、待つことが出来るようになっていきました。

 「閉」ボタンを押しても押さなくても時間的には、4秒くらいしか変わらないそうです。その時間を待つ練習をしていたら、せっかちな女性は変わったそうです。

 どんくさい部下や同僚の、遅い仕事を待つ事ができるようになったそうです。

〇「まとめ」と「ぴんくぴっぐの体験談」

スポンサーリンク

 「待つトレーニング」をしていたら、他の事も「待てる」ようになった体験談でした。「待つ」というのが自己コントロール能力」のトレーニングになったのですね

 ぴんくぴっぐの体験談(過去記事)はコチラです↓
イライラしない方法
※「自己コントロール能力を鍛える方法」と「カンタン呼吸瞑想」が、おすすめです。なぜならば、簡単にできるから

PS
 イライラはするけど、コントロール出来るようになりました。(※個人の感想です)

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「役に立った」と思ったら、拍手お願いします、喜びます🐷ついでに、お気に入り、読者登録も忘れずに。ぴんくぴっぐでした。