軽自動車で給油ランプがついてから何キロ走れるの


 50km~100km位走れるようです 

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 給油ランプが付いてから、どのくらい走れるのか疑問に思ったので調べてみたら、50km~100km位走れるようです、と答えが出ました 

PS
 ちなみに、上の写真のガソリンメーターのマークの横の◀は、給油口の位置を示しています。この車は◀に給油口があります 

 また話が終わっちゃいましたね…


スポンサーリンク


 根拠としては、給油ランプが付いてから、燃料は5L~10Lは残っているようです。

 なので、リッター10キロ走る車だと、100km走れる車もあることになります。

 そして、取扱説明書に、残りの燃料が書いてある場合もあるので、自分の車を調べてみると、より正確に分かります 

 例えば、スズキの軽自動などは、残り5Lで給油ランプが点灯する車種が多いみたいです 

 普通車だと、残り7Lと書いてある車種もあるようです。

 なので、やっぱり、リッター10キロで計算しても50km~70kmは走れる計算になります。 


 最後に、実験した方のデータだと、ATよりもMTのほうが長く走れたようです

まだ免許を持っていない方は、合宿免許がオススメの理由


まだ免許を持っていない方は、合宿免許がオススメの理由


 まだ免許を持っていない方は、合宿免許がオススメです 

 なぜなら、安くて短期間で免許を取得できるからです。

 金額も、旅費込みで通学と同じくらいの所が多いです 
 期間も、約2週間です 

 旅行ついでに免許を取得しちゃいましょう 
 ↓旅行サイトを見る感覚で見てみてください

合宿免許受付センター 合宿免許受付センター

合宿免許受付センター 合宿免許受付センター


この記事が役に立った方は、
応援お願いします 


 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます💖「良かった」「役に立った」と思ったら、「拍手」や「いいね」してもらえると、喜びます🐷そして友達に「シェア」してあげると、あなたも喜ばれます👍以上ぴんくぴっぐでした。