血圧は上と下の差がどのくらいだと危ないの?血圧の脈圧差の疑問

※「上の血圧が高くても下の血圧が低いから大丈夫」と言うのが、実は危険だったという話です

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 血圧を測った時に、上下の数字が出てきて「上が高いから危険」とか「下が低いから安心」って思いがちですよね。もちろん、高すぎは良くないのですが、血圧は上下の差が大きいもの危険だそうです。

 では「血圧は、上と下の差が、どのくらいだと危ないの?」という疑問が

 結論上と下の差が65から70くらいからあると心臓に良くないようです

 今回は、ネットや本で調べてまとめてみました

スポンサーリンク

〇「血圧は、上と下の差が、どのくらいだと危ないの?」


血圧は上と下の差がどのくらいだと危ないの?

 調べてみると、具体的な数字はあまりありませんでしたが、その中で「65をこえると動脈硬化性の疾患が増えるというデータがある」や「上と下の差が70が目安」と言うのがありました。

 なので、一応65から70くらいから危ないとしました

 では、その差(脈圧差)があると何が危ないのでしょう?

〇血管がカチカチ(動脈硬化)からの心疾患(心筋梗塞など)


血管がカチカチ(動脈硬化)からの心疾患(心筋梗塞など)

 ここからは、前回の記事【整うとは(ととのうとは)】サウナの入り方と効果は?で紹介したサウナの本からの内容です

 上と下の差があると、心臓病のリスクが高いそうです心疾患(心筋梗塞など)は、日本人の死因第2位のようですね

〇動脈硬化が進むと、上の血圧は高くなり、下の血圧は低くなる


動脈硬化が進むと上の血圧は高くなり下の血圧は低くなる

 動脈硬化が進むと、上の血圧は高くなり、下の血圧は低くなるそうです 

 ちなみに、動脈硬化とは、血管がカチカチに固くなった状態のようです。

 理由は、通常の柔らかい血管だと、広がったり縮んだりして、全身に血液を運ぶことが出来ます。しかし、固くなった血管は、広がったり縮んだり出来なくなり、心臓が頑張って血液を送り出します。

 なので、血管が固くなると、全身に血液を運ぶ時に、心臓の負担が大きくなります。

 その結果、血圧を測った時に、心臓から頑張って血液を送り出し、上の血圧が高くなります

 反対に、心臓に戻ってくる血液を、頑張って吸い込むので、下の血圧が低くなります

 ちなみに、上と下の血圧の差脈圧と言うそうです

 結論。上と下の差があると、心臓病のリスクがあるという事ですね

 「上の血圧が高くても下の血圧が低いから安心」と言うのが、実は危険だったという話でした

 サウナは血管のエクササイズになる。過去の記事と本のリンクを貼っておきますね 
>>【整うとは(ととのうとは)】サウナの入り方と効果は?



〇おまけ・高血圧の目安


高血圧の目安おすすめは手首式血圧計

 高血圧治療ガイドライン(2014年)によると

最高血圧 135以上
最低血圧 85以上

 高血圧それ自体は、自覚症状はほとんど現れないようなので、怖いですよねなので、血圧測定の習慣化を推奨してますね 

 ちなみに、血圧計はアマゾンで楽天でもありますもんね。

 選ぶ際のポイントは、小さくて手軽に使える事。しっかりとした血圧は病院でも測れるので、家では手軽なのを選びましょう。例えば、手首で測れる血圧計とか

楽天で血圧計を探す
アマゾンで血圧計を探す
※タニタの手首式血圧計でも、3000円くらいですね。

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます💖「良かった」「役に立った」と思ったら、「拍手」や「いいね」してもらえると、喜びます🐷そして友達に「シェア」してあげると、あなたも喜ばれます👍以上ぴんくぴっぐでした。