ダイソー低反発リストレスト買って良かった

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 パソコンのキーボードで文字を打っていると、手くび(手のひら)が痛くなりますよね。

 ダイソーパトロールをしている時に見つけた、低反発リストレスト(100円)が気になったので、を試してみました。

 使ってみた感想は『なんでもっと早く買わなかったのだろう』です

 使ってみて思った「メリット」と「デメリット」をまとめてみました。

スポンサーリンク

〇【メリット・デメリット】低反発リストレスト【使ってみた感想】


メリット・デメリット低反発リストレスト感想

〇メリット
手が痛くない
裏面の滑り止めが良い
汚れても100円

手が痛くない

 手のひらが痛くないです。今までは、手のひらをダイレクトにテーブルについて、タイピングしてました。それと比べると、痛みが違います

 そして、タイピングのスピードが、速くなったような気がします。(※個人の感想です)

裏面の滑り止めが良い

 裏面に、滑り止めがついてます。失礼ながら『本当に止まるの?』って感じでしたが、ピタッと止まってます

 ズレないので、ストレスフリーです。


裏面の滑り止めが良い
※見た目以上に滑らない

汚れても100円

 長く使って汚れたとしても、100円なので、手汗を気にせずに使えます。長く使ってヘタってきても、100円なので、気軽に買えます。

〇デメリット
キーボードに対して、ちょっと短かった

 文字を打って、10キーを使う時に『アレっ短っ』ってなりましたただし、数字を打つとき以外は、快適です


デメリットキーボードに対して短かった

 結論買いだと思います

 「キーボードで文字を打つ時に、手が痛い人」や「リストレストってどうなんだろう?」って試してみたい人に、おススメできます

PS
 キーボード全体をカバーする長さの低反発リストレストが、欲しくなります

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「役に立った」と思ったら、拍手お願いします、喜びます🐷ついでに、お気に入り、読者登録も忘れずに。ぴんくぴっぐでした。