感想トライアルBluetooth送受信機TR-01ライソンKABT-002B

※「ブルートゥース非対応の機器をワイヤレス化したい人」や「Bluetooth送受信機を試してみたい人」の参考になれば、嬉しいです

 こんにちは、ぴんくぴっぐです。

 Bluetoothって便利ですよね。だけど、Bluetoothに対応していないTVやヘッドホンもありますよねそんな時は、Bluetooth送受信機の出番です

 トライアルで気になっていた、Bluetooth送受信機TR-01(ライソンKABT-002B)使ってみた感想をレビュー記事にまとめてみました

 「使ってみた感想」や「メリット・デメリット」は…

スポンサーリンク

〇【メリット・デメリット】Bluetooth送受信機TR-01(ライソンKABT-002B)


メリット・デメリットBluetooth送受信機TR-01ライソンKABT-002B

 TVなどから、Bluetoothイヤホンに音を飛ばしたり、ギターアンプからBluetoothイヤホンに音を飛ばした感想になりますので、あしからずです

 付属品は、USBタイプC充電ケーブルオーディオケーブルです

〇使ってみたメリット

安い
ペアリングと操作が簡単
音が飛ぶ

安い

 トライアルで1,590円でしたネットで調べると、2,600円くらいするので、安いですよね。

楽天
アマゾン
 ※2,000円以上しますねトライアルが安い

ペアリングと操作が簡単

 接続も簡単です。操作も、ランプの色で送受信が分かります

 電源ボタンを押すと「赤いランプ」が「ピカピカ点滅」します。写真だと分かりにくいですね


「赤いランプ」が「ピカピカ点滅」

 もう一度押すと「青いランプ」が「ピカピカ点滅」します


「青いランプ」が「ピカピカ点滅」

 赤いランプが「送信モード」で、青いランプが「受信モード」ですBluetoothイヤホンなどを近づけると、ペアリングします。ペアリング成功すると「点滅から点灯」に変わります。

 使ってみると、すぐに慣れます

音が飛ぶ

 ちゃんと音が聞こえました(あたりまえ)

 ブルートゥース非対応の機器が、カンタンにワイヤレス化しましたコードが無いのは、嬉しいです

〇使ってみたデメリット「ギター練習には使えません」

ギター練習には使えない

ギター練習には使えない

 音の遅延がありすぎて、ギター練習には使えませんでした

 アンプからBluetoothイヤホンに音を飛ばしたり、エフェクターからBluetoothイヤホンに音を飛ばしましたが、どちらも遅延がありすぎました。

 ギターを弾いてから、かなり遅れて音が聞こえるので、全く使えません(ディレイというレベルではない)

 なので、「ギター練習用にワイヤレス化を考えている人」にはおススメ出来ません音の遅延が少ない商品を選んでください

〇まとめ・基本的に良いけど、ギターリストにはおススメ出来ません

 ブルートゥース非対応のテレビ音声を、Bluetoothイヤホンで聞いてみたい、試してみたい人には、安くて良いと思います

 ただし、ギターは何故か、遅延がスゴイので、「ギター練習に使おう」という人には、おススメ出来ませんギター用のワイヤレスを買いましょう。

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「役に立った」と思ったら、拍手お願いします、喜びます🐷ついでに、お気に入り、読者登録も忘れずに。ぴんくぴっぐでした。