こんにちは、日帰り温泉好きなぴんくぴっぐです。

 ホントは「ゆっくり泊まって、温泉を堪能したい」ですが、お金や時間が…

 そんな時に嬉しいのは、日帰り入浴ですよね

 今回は、「源泉かけ流し」「湯の花」で有名な「鶯宿温泉長栄館」に行ってきました

 ちなみに、感染症対策として、「日帰り入浴休業日」や「貴重品はフロントに預ける」や「ドライヤーなどの備品を撤去している」ので、あしからずです

スポンサーリンク

〇【長栄館】日帰り入浴の「時間」や「場所」や「駐車場」など


長栄館日帰り入浴の時間「場所」「駐車場」

 日帰り入浴の時間は、11時から15時です。ちなみに、日帰り入浴休業日、休みの日もあるので気をつけてください。長栄館のサイトの「おしらせ」に休みの日が載ってます。確認してから行きましょう

長栄館【公式サイト】

 温泉は、大浴場檜風呂露天風呂とあります湯の花が舞っていますちなみに(もちろん)、子どもたちはゴミと間違えていましたが、湯の花です、温泉成分です

 露天風呂の景色も良く、リフレッシュ出来ましたただし、感染対策で「サウナは休止」でした。



 場所は、県道172号線を進んでいきます。盛岡方面からだと、つなぎ温泉を過ぎて、鶯宿温泉のエリアになります。悩んだら、カーナビの出番ですね

 ちなみに、ぴんくぴっぐは、ヤフーカーナビを使ってます。過去記事はコチラ
ヤフーカーナビの使い方【おすすめ無料ナビ】
※無料で最新の地図です

 駐車場は、建物の向かい側にあります。広くて停めやすいです

住所
 雫石町鴬宿6−7
日帰り入浴営業時間
 11:00~15:00
 ※受け付けは14:00まで
料金
 大人 1,000円
 小学生 500円
 3歳~小学生未満 200円
 ※JAFカードで割引サービスあり

〇湯の花とは?

引用:ウィキペディアより
 湯の花(ゆのはな)とは、温泉の不溶性成分が析出・沈殿したものを指す。
 「湯の花」以外にも、湯花、湯の華、湯華など、複数の表記がある。

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「役に立った」と思ったら、拍手お願いします、喜びます🐷ついでに、お気に入り、読者登録も忘れずに。ぴんくぴっぐでした。